お知らせ!ウエルシアHDがたばこ製品の取扱いを終了すると宣言したことについての記事が、広報会議2023年6月号とアドタイ(宣伝会議)に掲載されました

こんにちは。
弁護士の浅見隆行です。

危機管理広報のあれこれについて、広報会議に「リスク広報最前線」という連載を8年以上続けています。

広報会議2023年6月号では、ウエルシアHDが2026年6月までに全店舗でたばこ製品の取扱いを終了することを宣言したことについての記事を書きました。

この記事が、宣伝会議のAdverTimes(アドタイ)にも掲載されることになりました。
有料記事ですが一部は無料で読めますので、興味がありましたら、ぜひ読んでみてください。

アサミ経営法律事務所 代表弁護士。 1975年東京生まれ。早稲田実業、早稲田大学卒業後、2000年弁護士登録。 企業危機管理、危機管理広報、コーポレートガバナンス、コンプライアンス、情報セキュリティを中心に企業法務に取り組む。 著書に「危機管理広報の基本と実践」「判例法理・取締役の監視義務」。 現在、月刊広報会議に「リスク広報最前線」、日経ヒューマンキャピタルオンラインに「第三者調査報告書から読み解くコンプライアンス この会社はどこで誤ったのか」、日経ビジネスに「この会社はどこで誤ったのか」を連載中。