中小企業向け企業法務

企業法務の支援

日常の事業活動でお客さまや取引先とのトラブルを生じないようにすること、通常の事業活動から発生するトラブルをその都度解消することが、大きな不正や不祥事の発生を予防することに繋がります。
アサミ経営法律事務所では、契約書の作成、修正や取引先とのトラブルなどの日常の事業活動で発生する問題のご相談、解決を支援します。

法務部・総務部などの管理部門がしっかりしている一部の大企業とは異なり、管理部門の人員が不足している会社や法律知識・経験が豊かではない会社の場合こそ、アサミ経営法律事務所に遠慮なくご相談ください。

契約書の作成、修正の支援

「新規の取引先やお客さまなので、取引を始めた後にトラブルが生じそうな不安な点がある。」「不必要な責任を追わなくて良いように、自分の会社を守っておきたい。」
この場合には、取引を始める前に、自分たちに有利な内容を定めた契約書を締結しておくことが不可欠です。

また、「取引先から契約書のひな型が渡されたけれど、自分たちに不利な内容が定まっていないかよくわからない。」「取引先から渡された契約書のひな型に自分たちに不利な内容が定まっているので、対案を出したいのだけれど、どう言ったらいいかわからない。」
この場合には、契約書を結ぶ前に、契約書の内容を自分たちに不利にならないように修正してもらうことが不可欠です。

しかし、どちらの場合も法律の知識がないから、どのように定めたら良いかわからない、どのように修正したらいいかわからない、修正案・対案が浮かばない。そんな会社も多いと思います。

さらには、「法律によって契約書の内容に定めなることが義務づけられた内容があるけれど、どのような表現にした良いのかわからない。」という会社もあるでしょう。

アサミ経営法律事務所は、そうした会社のために契約書の作成、修正を支援しています。

日常的なトラブルの解決に向けた相談、支援

「納期に遅れてしまって賠償金を求められているが、根拠のない金額で困っている」「納期が遅れてしまった原因は台風なのに賠償金を払わなければいけないのか」「納品された物が動作不良なので賠償してもらいたい」など、日常の事業活動でトラブルの発生は避けられません。
この場合に取引先との力関係で言いなりになってしまうのは納得がいかない、法律のルールにもとづいて的決な解決をしたいと考えている会社も多いはずです。
「取引先やお客さまに自分たちの言い分を主張したいけれど、自分たちの言い分には法律上の正当性があるのかわかない」という不安を抱えている会社もあるでしょう。

また、BtoCの取引をしていて、お客さまがまるでクレーマーのような不当な主張を繰り返している。この場合に、どう切り返したら良いのかわからない、と悩んでいる会社もいるでしょう。

アサミ経営法律事務所は、そうした会社のために日常的なトラブルの解決に向けた相談、支援をしています。

error: 右クリックはできません