毎日新聞「宝塚歌劇団 出直しには何が必要か 俳優と危機管理専門家の視点」にコメントが掲載されました

12月6日付け毎日新聞の「宝塚歌劇団 出直しには何が必要か 俳優と危機管理専門家の視点」に、インタビュー記事が掲載されました。

劇団員へのいじめやハラスメントが報道されたことで世の中からどのように見られているか

世の中からの見え方を意識したら宝塚歌劇団はどのように対応すべきなのか

阪急阪神ホールディングスが講じるべき対応はなにか

本件を収束させるために必要な視点は何か

を解説しています。

アサミ経営法律事務所 代表弁護士。 1975年東京生まれ。早稲田実業、早稲田大学卒業後、2000年弁護士登録。 企業危機管理、危機管理広報、コーポレートガバナンス、コンプライアンス、情報セキュリティを中心に企業法務に取り組む。 著書に「危機管理広報の基本と実践」「判例法理・取締役の監視義務」「判例法理・株主総会決議取消訴訟」。 現在、月刊広報会議に「リスク広報最前線」、日経ヒューマンキャピタルオンラインに「第三者調査報告書から読み解くコンプライアンス この会社はどこで誤ったのか」、日経ビジネスに「この会社はどこで誤ったのか」を連載中。