記者会見を行う時間は、記者の原稿の締め切り時間に配慮して設定しなければなりません。

通常、朝刊の締め切りは午前1時から2時ころ、夕刊の締め切りは午後1時から2時ごろです。

そのため、締め切りの時間帯およびその直前は避け、午前中か午後34時ごろに行うのが適切と言えるでしょう。

記者会見を行うことを決めたなら、記者の移動時間や準備時間などに配慮して、実際に会見を行う少なくとも2時間ほど前までには、所定の記者クラブや個別
に取材を申し込んできた記者に対して連絡すべきです。

そうすれば、記者会見前に記者から個別に取材があったときにも「××時から○○で記者会見を行いますので、そちらでご説明します」と対応できるからです

なお、会社が記者クラブや個別の記者に対して連絡をするときには、同時に簡単なプレスリリースもFAXやEメールで送付したほうがいいでしょう。