謝罪は必ず記者会見やプレスリリースの冒頭で行なわなければなりません。

記者会見に出席している記者は、会社が謝罪する意思があるかどうかを一番に注目し、興味を抱いています。

そのため、会社が冒頭で謝罪を行なえば、会社が謝罪の意思に基づいて記者会見を行なっていることをアピールできるのです。

プレスリリースの場合も、会社が謝罪する意思があることを対外的に公表するためには、冒頭で謝罪の意思を示すことが必要です。