派遣受入企業(派遣先企業)と派遣社員との間には直接の雇用関係がないので、派遣社員から派遣受入企業に対して守秘義務契約書・秘密保持契約書を提出させることはできません。

しかし、派遣会社(派遣元企業)と派遣受入企業との間では、派遣契約についての包括的な守秘義務契約・秘密保持契約を締結することができます。

そこで、派遣会社と派遣受入企業との間で締結した守秘義務契約・秘密保持契約に基づいて、派遣受入企業が派遣会社に対して、派遣社員に派遣会社に対する守秘義務契約書・秘密保持契約書を提出するように要求することはできます。