会社側担当者が座る席には白いテーブルクロスをかけ、足下を隠せるような状態にしておくべきです。
 
記者会見のように緊迫した場面では、両足を組んでしまったり、貧乏揺すりをしてしまったりするなど、会社側担当者の焦りや緊張が足下に表れることがあります。
こうした状態が記者から見えるような状態になっていると、カメラマンはその足下を狙って撮影することさえあるからです。