株主が取締役に対して株主代表訴訟を提起しようとする場合には、まず、会社(監査役)に対して、「○○取締役に対して、・・・という理由で責任あるいは取締役の義務違反があるから、金××円の請求をせよ」との提訴を請求(提訴請求)をしなければいけません。

提訴請求を受け取った監査役は、請求があった日から60日以内に、取締役を訴えるかどうかを判断します。

この判断をするために、監査役は、○○取締役に、・・・という理由の責任があるかどうか、・・・という取締役の義務違反があるかどうかを調査します。

取締役は、遅くとも、この調査開始時に、株主から監査役に対して提訴要求があった=株主代表訴訟を提起されるかもしれない、ということを知ることができます。

提訴請求があった日から60日以内に監査役が取締役を訴えなかった場合にはじめて、株主は、取締役を被告とした訴訟を裁判所に提起することができます。