腕組みしたり、メガネを外して目頭を押さえたりなど何気ない態度も、写真に撮影されてしまうことがあるので、注意しなければなりません。

何気ないこうした態度も、写真として掲載されると、傲慢な態度に写ったり、反省より自分の疲れを優先しているように写ったりするものなのです。

また、謝罪のおじぎをするときにも注意してください。

出席した会社側担当者がキレイに揃うように配慮しなければなりません。

たとえば、会社側担当者で「3秒間お詫びの礼をする」とだけ決めるのではなく、その3秒の数え方を、「1、2、3」のタイミングにするか、「いち、に、さん」というゆっくりのタイミングにするかまでをあかじめ打ち合わせておかなければ、バラバラになってしまうからです。