記者会見は、あらかじめ記者に連絡した通りの時間に開始しなければなりません。

記者会見の場所に相当数の記者が集まっていたとしても、予定した時刻より早く記者会見を開始してはいけません。

時間に合わせて来る記者もいれば、来場していても録音や撮影の準備などを当初の予定時刻に合わせて行っている場合もあるからです。

また、開始時間をひとたび決めた後は、それより先立って特定の記者にだけ情報をリークしてはいけません。

会社には公平な記者会見を行うという意思がないと判断されてしまうからです。
「この会社には公平な記者会見を行う意思がない」と判断した記者が、その会社を悪者として印象づけるような論調で記事を書くことは、人情的にはありうる話です。