企業危機管理・リスクマネジメント、企業不祥事対応(クライシスマネジメント)・広報(クライシス・コミュケーション)、コンプライアンス教育・役員研修・セミナー講師
Asami's Review
  • HOME »
  • Asami's Review »
  • 危機管理広報

危機管理広報

危機管理広報の成り立ちなど

マンションのくい打ち問題は、まだまだ続きがありそうです。 そのため、くい打ち問題についてのレビュー第2弾は、もう少し経過を見てから書きます。 先日、同業者と飲み会をしていたときに、私の仕事内容が通常イメージする弁護士の業 …

東洋ゴム工業問題の本質と広報の遅さ

東洋ゴム工業の性能偽装問題、何が問題か 性能偽装問題の概要 東洋ゴム工業が3度目の性能偽装をしていたことが2015年10月14日に明らかになりました。 今回は、2005年以降、子会社である東洋ゴム化工品が製造した鉄道車両 …

「危機管理広報の基本と実践」出版

「危機管理広報の基本と実践」出版 前回から一夏超えての久しぶりの更新となりました。 前回のレビューが6月の投稿だったので、4か月ぶりです。 まずは4か月間で一番大きいできごととしては、9月に中央経済社から「危機管理広報の …

異物混入を公表するかどうかの判断基準

外食産業・食品業界の異物混入事件報道 2015年に入ってから、外食産業・食品業界での異物混入事件が相次いで報道されています。 半年以上前に食品の中に異物が混入していた事実があったことが、今になって報道されているケースもあ …

企業危機管理の転換期がやってきた?

企業危機管理の転換期が到来しているのではないか?という疑問 昨日の「2015年、新春のごあいさつ」の記事で、企業は、TwitterなどのSNSによって社会・消費者の不安・不満が増幅することを視野に入れて積極的な情報公開を …

月刊広報会議2015年1月号「リスクと広報」は危機管理広報担当者必読です!!

こんにちは。弁護士の浅見です。 10月からReviewの投稿がぱたりと止まってしまいました。 楽しみにしている方からは「次を待ってます」との声もいただいており、お待たせしまして、申し訳ございません。 10月以降も、朝日新 …

朝日新聞誤報問題と記者のTwitterでの反応から考える、企業不祥事発生時の従業員のSNS利用

更新の間隔が空いてしまいました。 取りあげる話題は、9月11日に記者会見が行われた朝日新聞誤報問題(従軍慰安婦に関する吉田証言の誤報)についての同社記者の反応について、です(※政治的な観点から取りあげるつもりはありません …

新日鐵住金名古屋製鉄所の爆発事故に見る、地域社会との共存

工場事故と地域住民 工場では事故は不可避です。 爆発事故、土壌汚染、騒音問題などが頻発します。 こうした事故が発生したときに、企業は危機管理として事故対応を行います。 その時に忘れてはならない存在が「地域住民」です。 企 …

命に関わる副作用は法律に義務がなくても消費者に公表すべし

ノベルティスファーマ社の副作用報告漏れ事案 ノバルティスファーマ社は7月に白血病治療薬の副作用を厚労省に報告していなかったことで厚労省から改善命令を受けました。 この改善命令に関連して、副作用の未報告事例がそれ以外にもあ …

不祥事を起こした場合の公表するかしないかの判断基準

昨日、企業研究会で「危機管理広報」をテーマにした4時間のセミナーを行いました。 企業で不祥事が発生した場合に広報はどう対応するべきかをテーマにしたセミナーで、早6年、年に2〜3回行っています。 特に、この半年は企業不祥事 …

Page 1 / 212
PAGETOP
Copyright © アサミ経営法律事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.