あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

前回の投稿を見ると、2015年11月。実に1年2か月ぶりの更新となりました。
今年こそは、週1回程度の更新は続けたい(あくまで希望)。

2016年もまた企業不祥事には事欠かない1年でありました。
2017年も企業不祥事は相次ぐことが予想されます。ますます企業危機管理の必要性は高まっても下がることはないでしょう。

少しでもお役に立てるように、2017年もアンテナは敏感に建てていきます。
重ねますが、本年もよろしくお願いいたします。

なお、今さらですが、2016年に何があったのかを大きく振り返ります(要は、こんな仕事してますよ、という近況報告と宣伝です)

2016年

雑誌「広告会議」連載

事務所のブログを1年2か月放置していました。
ただ、ここ1年以上に亘って、雑誌「広告会議」にて「リスク広報最前線」というテーマで、危機管理広報についての連載記事を続けています。

2016年に取上げたテーマは、

  • 2月号;横浜マンション杭打ち問題での親会社の広報と責任
  • 3月号;セーラー万年筆社長解任劇と広報
  • 4月号;軽井沢バス転落事故後の運行会社の記者会見
  • 5月号;イソジン訴訟合戦の広報比較
  • 6月号;読売巨人軍野球賭博問題
  • 7月号;滋賀県議会議員、高校球児に「1回戦負けしろ」発言騒動
  • 8月号;舛添要一前都知事の広報対応
  • 9月号;株主を味方につける広報・・・2016年株主総会(タカタ、大戸屋)
  • 10月号;伊藤忠商事、グラウカス社レポート対応広報
  • 11月号;PCデポ高額解約料問題
  • 12月号;鹿児島県志布志市「うなぎ少女」動画炎上

でした(1月号は「危機管理広報マニュアル」です)。

どれもブログでも取上げるに値するテーマだったように思います。

連載は、主に危機管理広報の観点から解説しましたので、興味を持たれた方は大きな書店にあるバックナンバーなどでご覧いただければうれしいです。

(株)イー・コミュニケーションズ「月刊コンプラ放送局」

(株)イー・コミュニケーションズのサービスの一部で、「これって大丈夫?月刊コンプラ放送局」という動画を流しています。

毎月1か月分の企業不祥事から2例か3例を取上げて、法律上の問題点とコンプライアンスの観点からの問題点の両方を5分前後で解説しています。
プリンシプル・コンサルティング・グループ代表の秋山進氏との対話形式にして、わかりやすく解説しています。
社員教育用の教材としてご利用いただけることを念頭において作成しています。

(株)イー・コミュニケーションズのウェブテスティングサービス「SAKU-SAKU Testing(サクサクテスティング、以下「サクテス」。)」をご契約いただくとご覧いただけます。
こちらも興味があれば、社員教育としてお使いいただければうれしいです。

企業内研修・公開セミナー

2016年、ついに企業内研修と公開セミナーが60回を超えました。
1年間は52週間ですから、毎週1回以上研修・セミナーを行っていた計算になります。

研修・セミナーで取上げた主なテーマは、こちらに実績一覧として掲載しています。

ザッと整理すると、対象者ごとに、次のような内容での研修が多かったように思います。
また、セミナーとともに、社内研修用のテスト教材や配布するパンフレットやガイドラインの作成も行うこともありました。

もし、「うちの会社でもこんなテーマで研修やってくれないか」という御希望がございましたら、まずは遠慮なくご相談してください。

役員・広報部門 「危機管理広報」
役員・一般従業員 「情報管理(企業秘密、個人情報)」

「ハラスメント(セクハラ、パワハラ)」

「公務員との付き合い方や営業活動上の留意点(国家公務員倫理法・倫理規定、独占禁止法)」

営業部門 「特商法・景表法に基づいた営業方法(営業でのNGワード、広告宣伝の注意点)」

「業務委託契約書の注意点」 ※企業内研修の場合には、ひな型をそのまま使った場合に、実際の契約で起きかねないトラブルと回避方法

その他 「コンプライアンス全般(基本的なところから)」

「法律の基礎知識(契約・印鑑などの基本から債権回収の基本まで)」