前回の投稿から間が空いてしまいましたね。

1週間いただいた夏休みが終わってしまいました。昨日から事務所は営業を再開しております。
とはいえ、まだまだ夏休みの後遺症からか、難しい単語が書かれた活字を見たくない状態です。

私、夏休みは実家に帰りはしますが、しかし、実家は電車で30分の距離なので、年がら年中立ち寄っていたりします。
そのため、お盆の中心は里帰りではなく、むしろ、高校野球です。
毎年、年間100試合以上は高校野球、大学野球、社会人野球を見ているので、高校野球、甲子園を、毎年楽しみにしています。
今年は、小学生(学童野球)の日本一を決めるマクドナルド・トーナメントを神宮球場で見てから、5泊6日と甲子園で高校野球三昧の日々を過ごしました。

高校野球の何が魅力かについては語り尽くされていますので、私がどういう目線で見ているかについてお話ししたいと思います。

1つは普通の野球好きとして選手の素材と試合展開を見ています。
もう1つは、これが仕事とも重なる「危機管理」的視点での高校野球観戦です。

高校野球と危機管理、何が関係あるの?と思われるかもしれません。
実は、大いに関係します。

典型的なのが「バックアップ」と「カバーリング」です。

たとえば、ノーアウトランナーなし。バッターが1・2塁間の方向にセカンドゴロを打った。
この時に、ピッチャーがベースのカバーに入っているか、キャッチャーがバックアップに入っているか。
「危機管理」の意識があるチームは、「ファーストが離塁しているのを想定して」ピッチャーがカバーに入っていますし、「セカンドの暴投を想定して」キャッチャーが全力でバックアップに入っています。
反対に「危機管理」の意識がないチームは、そういったプレーがいい加減であったりします。

指導者に「危機管理」の意識ができているからなのか、選手に「危機管理」の考え方が身についているからなのか。
どういう理由であれ、そうした「危機管理」的プレーができているかをチェックするのが楽しみです。
結論から言うと、「危機管理」的プレーができているチームは強いです。勝ちあがります。
高校野球、大学野球、社会人野球と上がって行くにつれ、「危機管理」的プレーは徹底されています。

翻って、これを企業活動にあてはめてみると、役員や従業員に「危機管理」の意識がある企業は、ミスが発生してもミスが大きくならない。
役員や従業員の「危機管理」の意識が低い企業は、ミスが発生するとミスは大きくなる。

まずは、日常の企業活動で「バックアップ」「カバーリング」ができているかだけでも、チェックしてみては、いかがでしょうか。